HOME > 遺産分割と弁護士 > 遺産分割と弁護士

遺産分割と弁護士

どうしても遺産分割協議がうまくいかない場合、あるいは相続人の1人が被相続人(亡くなった方)の財産を開示してくれない場合などにより、相続人の間で争いが生じてしまった際に弁護士に依頼します。

遺産分割交渉を弁護士に依頼すると、弁護士が依頼人の代理人となって他の相続人と遺産分割の交渉を行ってくれます。
さらに、この交渉で決着がつかない場合、遺産分割の調停・申立てを行い、代理人として出席してくれます。

 

しかし、弁護士依頼の報酬は、着手金に始まり、成功すれば成功報酬も支払わなければなりません。

現在、弁護士報酬の規定はなく、事務所によって異なりますが、目安として下記をご参照ください。

着手金は、依頼案件の成功不成功に関わらず支払う額です(通常30万円程度、最低でも10万円)。

経費は、弁護士を1日拘束すれば日当で10万円、事務所員への日当が5万円ぐらいとなっています。

成功報酬部分は、財産目録と法定相続割合の差額×20%が最大額です。

この金額は、あくまで目安となっています。弁護士にご依頼される方は、事務所で定められた報酬をお支払いください

 

調停になると、お金だけでなく精神的にも大きな負担になります。
そうなる前に、相続の専門家にご相談することをお勧めいたします。


遺産分割とトラブルについてもっと見る

その他、遺産分割についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 身近な専門家に相談
  • お困りごと Q&A

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社

  • 遺産分割プラザBlog