HOME > 遺産分割と寄与分

遺産分割と寄与分

ここでは、遺産分割における寄与分についてご説明いたします。

寄与分は、特別受益と同様に相続人の間で公平を保つために設けられています。

寄与分とは、被相続人(亡くなった方)と共同して農漁業・商店経営に従事してきた相続人がいる場合、その相続人の被相続人に対する寄与・貢献を認め、寄与者に対して相当な額を加えようというものです。その他にも被相続人の療養看護や老後の世話を特別に努めた場合にも認められることがあります。

この寄与分を加える額に関して、民法では抽象的な規定に止まっています。
したがって、相続人全員が参加する遺産分割協議によって寄与分を決めるのが原則ですが、そこで決まらない場合は家庭裁判所の裁量に委ねます。

 

遺産分割の際の計算方法は、以下の図を見てください。

寄与分.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の場合、Bの妻が商店経営に貢献しており寄与分を得ます。

したがって、みなし相続財産は4000万円-1000万円=3000万円となり、これを各相続人で分けます。


3000万
→妻  1500万円+1000万円(寄与分)=2500万
→長男 750万
→次男 750万円 


遺産分割とトラブルについてもっと見る

その他、遺産分割についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 遺産分割の流れ
  • 遺産分割の費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • 遺産分割に関するQ&A

  • 無料相談会実施中!!
  • 身近な専門家に相談
  • お困りごと Q&A

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社

  • 遺産分割プラザBlog