HOME > 遺産分割と特別受益

遺産分割と特別受益

ここでは、遺産分割における特別受益についてご説明いたします。

特別受益、寄与分どちらも遺産分割において各相続人の間で公平を図るためにもうけられているものです。
民法第903条で特別受益者の相続分として定められています。

 

さて、特別受益とはどういうものでしょうか?

これは、被相続人(亡くなった方)から、生前に学費・結婚資金・住宅費金等で特別に援助を受けていた相続人がいる場合、この特別に受けた資金分を相続開始時の財産に加えて「みなし相続財産」として計算することです。
被相続人から生前に何の資金ももらっていない人と特別に資金援助された人とでは相続人の間に不公平が生じてしまうということを是正するためのものなのです。

下記の図を見てください。

特別受益.png

 

 


 

 

 

 

 

この場合、本来なら被相続人の相続財産4000万円は、妻に2000万、長男・次男に各1000万となりますが、被相続人の生前に長男が留学資金として特別に400万円受け取っているため、これを特別受益者とみなし、この400万円を相続開始時の相続財産4000万円に加えてみなし相続財産とします。

したがって、各相続人がもらえる額は以下のようになります。

みなし相続財産

4400万円

 →妻  2200万

→長男 1100万円-400万円=700万

→次男 1100万

 

この特別受益分が法定相続分より多くなってしまっても、超過分を特別受益者が返還する必要はありません。

遺産分割とトラブルについてもっと見る

その他、遺産分割についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 遺産分割の流れ
  • 遺産分割の費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • 遺産分割に関するQ&A

  • 無料相談会実施中!!
  • 身近な専門家に相談
  • お困りごと Q&A

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社

  • 遺産分割プラザBlog