HOME > 遺産分割と遺留分

遺産分割と遺留分

遺留分という言葉を耳にしたことがある人は多いのではないかと思いますが、実際に遺留分が何であるのかを理解している人は少ないのではないでしょうか?

そこで、ここでは、遺留分について詳しくご説明いたします。

亡くなった方の遺言書がない限り、遺産分割は相続人全員が遺産分割協議に参加して決めることになります。

では、もし、遺言書に「財産はすべて○○に」と書かれていたら、法定相続人の範囲内にいるあなたは唖然としてしまいますよね?

このようなケースが実は少なくないのです。
これが赤の他人への財産相続だった場合、ご遺族は途方に暮れてしまうでしょう。

このような場合を考慮して、法定相続範囲内の方には遺留分の規定が設けられています。
ただし、兄弟姉妹はこの遺留分の規定が適用されませんので注意が必要です。

もし、法定相続人であるのに一銭も相続財産を受け取れないような遺言書であっても、法定相続分より少なくなってしまいますが、遺留分の請求をすれば財産を受け取ることができます。
これは、権利ですので、必ず受け取ることができるのです。

遺産分割とトラブルについてもっと見る

その他、遺産分割についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 遺産分割の流れ
  • 遺産分割の費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • 遺産分割に関するQ&A

  • 無料相談会実施中!!
  • 身近な専門家に相談
  • お困りごと Q&A

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社

  • 遺産分割プラザBlog