HOME > 相続財産 預金

相続財産に預貯金がある場合

ここでは、相続財産に預貯金がある場合についてご説明させていただきます。

ほとんどの場合、相続財産に預貯金があると思われますが、意外と分割方法を知らない方が多いのではないかと思います。

固定資産に比べれば、手続きも分割も分かりやすいと思いますので、ここでしっかり確認しておきましょう。

 

被相続人(亡くなった方)の預貯金は、金融機関が死亡を確認すると、凍結され、引き落とし、入金、解約等が一切できなくなります

遺言書がある場合、それに従って預貯金を分割し、ない場合は、遺産分割協議によって分割することになりますが、
その前に、預貯金がどれくらいあるのか知りたいですよね?

そのためには、残高証明書というものを発行してもらいます。
これは、相続する権利のある方が必要書類を提出することで請求できます(代理人を立てて発行してもらうこともできます)。

ここでは、相続人が請求する場合の必要書類を示します

・死亡を確認できる謄本

・相続人であることを示せる戸籍謄本

・印鑑証明書

・残高証明発行依頼書

以上が必要な書類です。これを各金融機関に提出することで、まずはどれくらいの預貯金があるのか確認できます。
その上で、遺産分割協議によって誰がどのくらい預貯金を相続するのかを決めていきます。
遺言書がある場合は、それを金融機関に提出することで払い戻しや口座の名義変更が可能です。
遺産分割協議で決めた場合は、遺産分割協議書の提出で払い戻しをすることが可能になります。

この他にも、預貯金の払い戻しに必要な書類がありますので以下に示します。

預貯金払戻しに必要な書類

①    遺言書がある場合

・遺言者の除籍謄本

・受遺者の印鑑証明書

・遺言書

②    遺産分割協議による場合

・亡くなった方の戸籍謄本

・相続人全員の戸籍謄本

・相続人全員の印鑑証明書

・預金通帳

・遺産分割協議書

 

預貯金を相続するにあたっても、多くの書類が必要ですし、遺言書がない場合には、遺産分割をしなければならず、意外と時間がかかります。

 


遺産分割 相続財産についてもっと見る

その他、遺産分割についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 遺産分割の流れ
  • 遺産分割の費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • 遺産分割に関するQ&A

  • 無料相談会実施中!!
  • 身近な専門家に相談
  • お困りごと Q&A

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社

  • 遺産分割プラザBlog