HOME > 法定相続人とは

法定相続人とは

ここでは、誰が相続人になれるのか、各相続人に与えられる相続財産の割合はどうなっているのか・・・と言った皆様の疑問を解消すべく、それらを詳しくご説明いたします!

法定相続人とは、亡くなった方(これを被相続人と言います)の財産などを相続する権利がある人を言います。
これは、民法で定められており、被相続人との関係で相続財産の分割割合も決められています。
したがって、基本的に、遺言がない限りは、この民法に沿って相続財産の分割をすることになります。

以下に誰が法定相続人になれるのかを記載いたします。

法定相続人になれる人

① 配偶者

婚姻関係にない内縁の妻や愛人、離婚した元配偶者には民法上では相続権が認められていません。

② 子供(養子や内縁の妻、愛人の子供、胎児も含みます)

実の子供の場合、何人いても法定相続人となりますし、養子の場合も何人いても法定相続人になることができます。

③ 父と母、あるいは祖父母

②に当てはまる人が誰もいないときに、相続人となることができます。祖父母は、②に当てはまる子供に加えて父母がいない場合に相続人になります。

④ 兄弟姉妹、あるいはその子供

②と③に当てはまる人が誰もいないときに相続人になることができます。

 

以上が法定相続人になり得る方です。①~④の順に相続順位が下がります。

この順位に従って、相続財産の分割割合が決まっています。これを法定相続分と呼びます。

以下に法定相続分の割合がどのようになっているか、表で示します。

法定相続人分割割合表.png

 

遺産分割 相続人についてもっと見る

その他、遺産分割についてもっと見る

  • 遺産分割相談プラザTOPページへ.png
  • 遺産分割の方法.png
  • 遺産分割と相続財産.png
  • 遺産分割とトラブル.png
  • 遺産分割と協議書.png
  • 遺産分割と成年後見.png

まずはお気軽にご相談ください!

  • 遺産分割の流れ
  • 遺産分割の費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • 遺産分割に関するQ&A


  • 無料相談会実施中!!
  • 身近な専門家に相談
  • お困りごと Q&A

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社

  • 遺産分割プラザBlog