HOME > 内縁の妻の場合 > 内縁の妻の場合

相続人に内縁の妻がいる場合

ここでは、内縁の妻がいる場合の相続がどうなるかについてご説明いたします。

基本的に、内縁の妻には法律上の配偶者関係がないので、法定相続人になることはできません。婚姻届を提出し、法律上の妻にならない限り、相続権は認められていないのです。

しかし、亡くなった方(被相続人)に相続人が誰もいない場合のみ、特別縁故者として相続財産分与を申立てれば、相続財産をもらえる場合があります。

特別縁故者として家庭裁判所に申し立てるには、以下の条件を満たしていなければなりません。

①    被相続人と生計を共にしていた

②    被相続人の療養看護をしていた

③    その他特別縁故関係にあった

この特別縁故者申立てには、期限があり、相続人が誰もいないと認められる期間(6か月)の満了後3か月以内です。

繰り返し申し上げますが、相続人がいれば、内縁の妻に相続権はありません。


では、内縁の妻にどうしても相続財産を渡したい場合、どのような手段をとればよいのでしょうか?

それは、遺言書を残しておくことです。

遺言は、法律の規定よりも強いものになりますが、何らかの事情で無効にされればただの紙切れです。

特に法律で定められた法定相続分と違う割合で相続をしたい場合や本来法定相続人になれない人に財産を渡したい場合には、相続人の間でもめないよう、きちんとした遺言書を残しておく必要があります。

そのためには、遺言書作成のプロのもとで作成することをお勧めいたします。

当遺産分割相談プラザでは、初回無料で遺言書作成についてのご相談に応じておりますので、まずは、お問い合せの上、無料相談にお越しください!

内縁の妻がいる場合など複雑な相続に関してもわかりやすくご説明いたします。


 

遺産分割 相続人についてもっと見る

その他、遺産分割についてもっと見る

  • 遺産分割相談プラザTOPページへ.png
  • 遺産分割の方法.png
  • 遺産分割と相続財産.png
  • 遺産分割とトラブル.png
  • 遺産分割と協議書.png
  • 遺産分割と成年後見.png
  • 無料相談会実施中!!
  • 身近な専門家に相談
  • お困りごと Q&A

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社

  • 遺産分割プラザBlog