HOME > 非嫡出子の場合 > 非嫡出子がいる場合

相続人に非嫡出子がいる場合

ここでは、相続人に非嫡出子がいる場合のご説明をいたします。

非嫡出子とは、婚姻関係のない男女の間に生まれた子供のことを指します。

この非嫡出子は、相続人になることができますが、相続分は嫡出子の半分となっています。

非嫡出子は、実の父が認めることによって初めて法律上の親子関係になることができます。
したがって、この認知がなければ、実の父親が亡くなっても相続権はありません。
非嫡出子に相続権があるのは、この認知がされている場合ですので、注意しましょう。

 

生前は自分に家族がいて、その手前、非嫡出子を認知できなかったが、非嫡出子にも相続財産を与えたいという場合、遺言に残すことで自ら認知を行うという方法もあります

しかし、この場合、家族の混乱を招いたり、非嫡出子と家族の間に争いが起こる可能性もありますので、きちんとした遺言書を残す必要がありますので、遺言書作成のプロに相談することをおススメいたします

当遺産分割相談プラザでは、このような複雑な遺言書作成にもお客様に分かりやすくご説明するとともに、親身に対応いたします。

まずは、初回無料相談へお越しください。


遺産分割 相続人についてもっと見る

その他、遺産分割についてもっと見る

  • 遺産分割相談プラザTOPページへ.png
  • 遺産分割の方法.png
  • 遺産分割と相続財産.png
  • 遺産分割とトラブル.png
  • 遺産分割と協議書.png
  • 遺産分割と成年後見.png
  • 無料相談会実施中!!
  • 身近な専門家に相談
  • お困りごと Q&A

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社

  • 遺産分割プラザBlog