HOME > お困りごとQ&A

お困りごとQ&A

ここでは、よくあるお困りごとについてお答えしていきたいと思います。

1、遺産分割協議書の作成は、どのように行うのですか?

遺言書がない場合やその記載が一部に限られている場合に、相続人全員で話し合って作成します。
書式の指定はありませんが、相続財産をどの相続人が引き継ぐのかを明確に記載しなければなりません。後でもめることのないよう、必ず相続人全員の同意が必要となり、さらに署名捺印をします。
詳しくは、こちら→遺産分割協議書の作成をご覧ください。 


2、法定相続分と異なる遺産分割はできますか?

相続人全員の参加のもとに分割協議を行い、さらに相続人全員の合意が得られれば法定相続分と異なる遺産分割は可能です。ただし、審判の場合は法定相続分に逆らうことはできません。


3、相続人と連絡が取れないのですが、どうしたら良いですか?

相続人に不在者がいる場合の手続きをとります。不在者財産管理人の選出を行うか、失踪宣告を行います。不在者財産管理人を選出した場合には、代理人となる方が遺産分割協議に参加することで遺産分割を進めていくことが出来ます。失踪宣告の場合には不在者を死亡したとみなして遺産分割を進めていくことになります。

詳しくは、こちら→相続人に不在者がいる場合をご覧下さい。

 

4、相続人に未成年者がいます

相続人に未成年者がいる場合には、代理人を選出しなくてはなりません。本来、未成年者の代理人は親がなるものですが、親も相続人になっている場合には親が代理人になることができません。そこで、家庭裁判所に未成年者の特別代理人選任を請求する必要があります。

詳しくは、こちら→相続人に未成年者がいる場合をご覧ください。

 

5、遺産分割にはどのような方法がありますか?

遺産分割には、現物分割、代償分割、換価分割があります。
現物分割は、相続財産をそのまま相続人が相続することです。
代償分割は、不動産など価値の大きい相続財産を相続する人が、他の相続人に対して価値が均等になるように差額分を現金で代償することです。
最後に、換価分割は相続財産を売却するなどして現金に換え、それを相続人で分割することです。
詳しくは、こちら→遺産分割の方法をご覧ください。 




 

 

まずはお気軽にご相談ください!

  • 遺産分割の流れ
  • 遺産分割の費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • 遺産分割に関するQ&A


  • 無料相談会実施中!!
  • 身近な専門家に相談
  • お困りごと Q&A

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社

  • 遺産分割プラザBlog