HOME > 遺産分割 実印

遺産分割協議書と実印

ここでは、遺産分割協議書と実印についてご説明いたします。

遺産分割協議書の押印は、実は、実印でなくても大丈夫なのです。

しかし、認印はどこでも購入できてしまうため、本人が間違いなく同意したことを証明するために、遺産分割協議書には、実印を押し、さらに印鑑証明書を添付するのが望ましいと言えます。

また、不動産の名義変更には、実印と印鑑証明書添付の遺産分割協議書の提出が必要になります。これがないと登記は受理されないので注意しましょう。

 

では、実印とは何でしょう?

実印とは、住民登録している市区町村役場に戸籍上の姓名を彫刻した印鑑を登録申請するものです。
実印は、印鑑の中で最も重要なものとされており、銀行員や認印など他の印鑑との併用は避け、家族間でも共有しないようにします。
どういった際にしようするかと言いますと、今回のような遺産分割協議書や不動産お取引、公正証書の作成などです。


遺産分割協議書についてもっと見る

その他、遺産分割についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 遺産分割の流れ
  • 遺産分割の費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • 遺産分割に関するQ&A


  • 無料相談会実施中!!
  • 身近な専門家に相談
  • お困りごと Q&A

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社

  • 遺産分割プラザBlog