HOME > 遺産分割 解除 > 遺産分割協議 解除

遺産分割協議が解除になる場合

ここでは、遺産分割協議が解除になる場合についてご説明いたします。

相続人の全員が合意すれば、成立している遺産分割協議の全部または一部を解除して改めて遺産分割協議を行うことができます。

しかし、相続人の債務不履行に対する解除は認められていません。
この債務不履行とは、例えば代償分割により、一人が不動産などの遺産を取得する代わりに、他の相続人に対して現金等で代償を支払うとしていたのに、それを実行しない場合のことです。

このようなケースにならないよう、代償分割をするにあたっては、最初から支払えるのかどうかを相続人全員で確認しておくことが必要と考えられます。
代償を支払わなければならない相続人にとって、代償分割は相当な負担となりますので、これを考慮してやることも必要かと思います。


このように複雑な遺産分割をしなければならない場合には、後々もめごとにならないよう、遺産分割のプロに相談しましょう。

当プラザでは、初回無料の相談を実施していますので、お気軽にお問い合わせください!


遺産分割協議書についてもっと見る

その他、遺産分割についてもっと見る

  • 無料相談会実施中!!
  • 身近な専門家に相談
  • お困りごと Q&A

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社

  • 遺産分割プラザBlog