HOME > 遺産分割 取消し

遺産分割協議が取消しになる場合

ここでは、遺産分割協議が取消しになってしまう場合についてご説明いたします。

原則として、遺産分割協議書は取り消しできないことになっています。
しかし、詐欺や脅迫といった原因がある場合には、取消すことが可能です。
取消に他の相続人が応じない場合、取消をしたい方は、取消の意思を内容証明書で送達し、不動産や預貯金の処分禁止の仮処分を裁判所に申立てなければなりません。
ここで裁判所が理由ありと認めれば仮処分の決定を下します。

 

遺産分割協議書の相続人全員が署名捺印している場合、取消には相当な労力が必要になります。
このようなことにならないよう、最初から相続のプロにご相談することをお勧めいたします。

当遺産分割相談プラザでは、遺産分割のプロが初回無料で相談に応じております。
少しでも遺産分割協議に不満を抱いている方は、まずはお問い合わせください!
納得の協議書作成に全力でご支援いたします。


遺産分割協議についてもっと見る

その他、遺産分割についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 遺産分割の流れ
  • 遺産分割の費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • 遺産分割に関するQ&A


  • 無料相談会実施中!!
  • 身近な専門家に相談
  • お困りごと Q&A

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社

  • 遺産分割プラザBlog