HOME > 遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書の作成

ここでは、遺産分割協議書についてご説明いたします。

 

遺言書がない場合、遺産分割は相続人の協議によって全員の合意の下で行います。
遺言書がある場合でも、その明記が一部の場合は協議を行わなければなりませんし、そもそも相続人全員の同意があれば遺言と異なる遺産分割を行うことも可能です。

さて、遺産分割協議が成立すれば、分割の手続きを行うわけですが、後日、この内容に関してもめないように協議の内容は明記しておくべきです。

この協議の内容を明記したものを遺産分割協議書と言います

これは、必ず作らなければいけないものではありませんが、先ほど述べましたように、後々争いに転じないように内容は残しておくべきですし、不動産や預貯金の名義変更には協議書がなければ手続きできない場合がほとんどです。

 

では、ここで遺産分割協議書をどのように作成するのかご説明いたします。
作成にあたって、特別な紙を用意する必要はありません。
書式の指定はありませんが、一般的にはA4用紙に横書きします。
絶対に協議書に必要なものは、相続人全員の署名捺印です。

相続人全員が同意の上で協議書を作成したことを明確にしておくことが大切なのです。

 

また、この他にも一般的に協議書に記載する内容を以下に示しますので、これを参考に相続人同意の下、遺産分割協議書の作成を行ってください。

 

協議書記載内容

・誰の遺産相続に関する協議書なのか

・亡くなった方の本籍・生年月日・亡くなった日

・相続人の氏名

・相続人の住所

・相続財産(預貯金がある場合には口座番号等、土地や建物は住所を記載し、その他に関しても財産を特定できるよう具体的に記載する)

・相続財産の分割(誰が何をどれだけ取得するのか)

・相続人の署名捺印

・遺産分割協議が成立した日付

 


遺産分割協議書についてもっと見る

その他、遺産分割についてもっと見る

まずはお気軽にご相談ください!

  • 遺産分割の流れ
  • 遺産分割の費用の目安
  • 身近な専門家に相談してみよう
  • 遺産分割に関するQ&A


  • 無料相談会実施中!!
  • 身近な専門家に相談
  • お困りごと Q&A

Contents Menu

おすすめの1冊!

「幸せな相続と老い支度の教科書」

~プロが教えるチェックポイント57~

無料相談会実施中!!

著者:黒田 泰

出版社:実業之日本社

  • 遺産分割プラザBlog